【美しいデザイン】WordPressの「TCD」テーマ 評判(メリット、デメリット)[動画有]

WordPress関連
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。プログラマーNです。

WordPressでWEBサイトを制作する際、どのテーマにするか迷いませんか?

無料テーマ、有料テーマ、ブログ向けのテーマ、コーポレートサイト向けのテーマ、サロン向けのテーマ …、様々なテーマがあり、どのテーマがご自身に合うか、すぐにわかりにくいですね。
早く制作したいのですが、テーマを選ぶこと自体に時間がかかります

今回、ご紹介するWordPressの「TCD」のテーマを使用することで、目的別、業種別のテーマが明確にわかり、大幅に時間を短縮することができます。
更に「TCD」のテーマは群を抜いて、デザイン性がとても高いんです!


DesignPlus様
YouTubeより

TCDとは?

「TCD」とは、株式会社デザインプラスが販売する有料テーマです。

累計ユーザー数は100,000を超えます。

また豊富なテンプレートがあり、「TCD」のテーマ数は75以上あります。
(テーマ数は多いですが、目的別、業種別で、ご自身にあったテーマをすぐに選ぶことができます)

TCD テーマの特徴

何より、デザイン性がとても高く、美しいテーマです。

「TCD」の各テーマのデモを動かすとすぐにわかりますが、かっこよすぎるWEBサイトでびっくりします!

しかも、テンプレートに、画像や文章を該当の場所に配置していくという簡単さで、WEBサイトができてしまいます。

WEB制作会社に依頼すると、数十万はかかります。数百万以上かかる場合もあります。
その費用を考慮しても、有料テーマでも圧倒的に低コスパですね。

時間、費用を削減できる上品なテーマ、それが「TCD」です。

TCDのテーマをピックアップ

数あるTCDのテーマの中からいくつかピックアップしてみます。

飲食向けテーマ「Tree」

飲食向けテーマ「HAKU」

ホテル向けテーマ「KADAN」

美容・サロン向けテーマ「HEAL」

コーポレート向けテーマ「NANO」

旅行向けテーマ「meets」

病院・クリニック向けテーマ「CURE」

TCDテーマ メリット

  • 美しいWEBサイト
  • デザイン性に優れ、読者の目を引きやすい
  • 業種別、目的別でテンプレートを選択できる
  • テーマ数が豊富
  • 自分で所有するサイトであれば、使いまわしができる
  • 有料テーマによっては、カスタマイズがNGなテーマもあるが、TCDのテーマはカスタマイズがOKである

TCDテーマ デメリット

  • 編集できる部分が限られている
  • 有料テーマで、「TCD」の一部のテーマは高額(40,000円程)

まとめ

まとめ

もし予算を限りなく抑えていけば、無料テーマやもっと安い有料テーマもあります。
ただ、効率よく制作できることで「時間」や完成後のハイクオリティなWEBサイト、メリット、デメリットを考慮しても、「TCD」のテーマはおすすめです。

動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました